スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとびっくりした数字について

私はよく、仕事の合間にヤフーニュースを覗いてみたりする。


今朝もそうだ。
何の気なしに流し読みしていたのだが、翌々考えてみると凄いなと思える記事があった。


2012年の自殺者数が2万7766人で、1997年以来15年ぶりに3万人を下回った。警察庁が17日、発表した。前年より2885人(9・4%)の減で、減少は3年連続。東京都など都市部が減少に転じたため、全体の減少につながったとみられる。
 減少したのは38都道府県。最も減ったのは東京都で360人減の2760人。次いで神奈川県が228人減の1624人、大阪府が204人減の1720人。大阪府は2年連続の減だが、11年は東京都が前年より167人増、神奈川県は3人増だった。
 減少率でみると、沖縄県(31%)、香川県(29%)、和歌山県(25%)の順だった。



一昨年までは、3万人を超えていたわけだ。
警察庁の資料だと、1998年からずっと超えている。

それでは、東日本大震災で亡くなった方はと言うと、15,879人(2012年12月時点)である。行方不明者は2,712人(2012年12月時点)である。
死亡者、行方不明者を合わせても18,591人である。

毎年、あの大震災規模の死が日本に訪れていることになる。

自殺率というのがあるらしく、WHOがまとめた順位では106カ国中なんと5位。因みに1位は韓国である。

日本という国において、人はこの国の財産であるはずだが、このあたりの対策を政を司る安倍さんたちは対策をされているのだろうか。
少なくともここ14年間は、毎年3万人を超えた人たちが自ら命を絶っている。

そう言えば、私の友人もこの数値の中に入ってしまっている。

少子化対策も非常に重要であるし、笹子トンネルの事故におけるような、道路の整備への予算も重要であるが、この自殺率の高さは相当に重要視するべき問題であると思うのだがいかがであろうか。


結ちゃん20130117-1

どうよ?

20130109-1.jpg

むーん


とまあ、数字でびっくりした話だったのだ。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

記事に関連せずスミマセン

立て続けに猫を守れなかったのです。
考え直さないといけません。

保護保護と、沢山飼う・・・それが病気の発見を遅らせました。
いいのか?悪いのか?
考える事が必要かもしれません。

猫の一匹も亡くすと眠れません。
ましてや人間なら・・・生命は軽くないのに
自ら絶つ・・・その前に救われ無いのが悲しいです。

Re: 記事に関連せずスミマセン

>>Sabimamaさん

私も可哀想な猫ならば守りたい。全て守りたい。
でも、それは出来ないのです。限界があります。

最近、国交省が高速道路等を沢山作ったはよいが、メンテナンスが足りず笹子トンネルのような悲劇を招いたと一部報道が取り沙汰していました。

今していることの量を測るべきなんでしょうね。優先順位や限界を知るべきなんでしょう。

目の前で助けたい猫がいるのに、助けることが出来ない。その悔しさは、どんなに辛いか。

でも、今、助けられる範囲を知るべきなんです。
でなければ、自分のもとにいるのに手が届かなかった時に辛さは苦しいなんてものじゃない。

既に経験済みでしょうけど、私たちは、あまりにも非力な存在なんです。
今を知るべきなんですよ、きっと。


No title

そうですね。
ありがとうございます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。