FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い日が始まりました

最近、暑い。

画像 2182

夜は寒かったりする。
寒いので長袖を着て寝たりする。
それがユニクロのヒートテックだったりするとうっすら汗ばんだりして。
で、起きる。
眠れなかったりする。
なんとなく寝不足状態で、朝起きて、ソファーを見ると、

画像 2300

この世の天国でも見ているのかのような猫の寝姿。

軽いストレスを感じながら仕事に出かけるのは自分でもかなり情けないものだ。




にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

No title

こんな時は「猫になりたい」「寝ていたい」病になりそうです。

ありがとうございます。
オムツに「尿の吸引」の子を保護して疲れているかたがいて、、、
このまま続くのか「回復したら、吸引はなくて、オムツだけに」ならないかな?
と、思いました。吸引は保護した方も疲れがでますから、、、
ユイちゃんは、いかがですか?

Re: No title

Sabimamaさん

結はご存知の通り、大きな手術の後に部分的な麻痺が残りました。更に腰部分は常に動いてしまうので未だに骨が付いておらず、加減によっては痛がることもあるようです。
麻痺の後遺症としては、自力での排泄がオシッコとウンコの両方ができなくなったことです。

結の場合は、吸引ではなく圧迫排尿による排泄です。
圧迫排尿は、直接お腹の上から膀胱付近を握るように圧迫して絞り出します。ウンコも同じような作業を腸に施します。

完全に絞りきれていない場合には、漏れてしまうこともあります。
勿論、どこで漏らすかわからないので、ソファーであったり、ラグの上、布団であったり、床であったりと、その予測不能さは、私達の鼻を利くようにしました。

以前にどこかで書いたと思うのですが、オムツに変えた時に膀胱炎にさせてしまったことがありました。
原因は、漏れてオムツに吸収されているとはいえ、尿道付近は細菌がいっぱいいるわけで、清潔さが保てなかったことでした。

共働きの我が家では、付きっきりというわけにもいかず、また、共働きでなくても結のお尻に付きっきりというのは難しいわけです。

猫は狭い空間でも適応出来る動物であるという事もあり、また、部屋中が汚れてしまうよりはと、結に少し広めの檻での生活を考えましたが、
檻の中の清潔度を保てなければ、それはオムツの中と同じ状態であり、本末転倒であると思い、他の方法を模索しました。

おしっこを溜めずに済み、漏らさないで済むような絞るタイミングを測り、我が家では朝一、夕方帰宅してすぐ、そして就寝前に絞ることにしました。
だいぶ漏れが収まりましたが、やはり、偶に漏れていたりします。

それでも、他の猫たちと遊んだりケンカしたりができていますので、排泄だけを除けば、普通の猫です。

因みに我が家では、様々な理由により、三匹とも完全室内飼いで一歩も外に出しません。

No title

お父ちゃん、お疲れですね。
暑かったり寒かったり、体調管理に気をつけてください。
我が家にステイ中の2嬢、極端な性格で方や社交的で処世術に長けている、方や怖がりで引き籠り社交下手。
なかなか面白いです。

Re: No title

>>そふぃママさん

当たり前ですけど、全てそれぞれに個性があるって楽しいし嬉しいですよね。

No title

うちのネタロウ(7歳♂)も結ちゃんとほぼ同じ状態ですのでパパさんのお気持ちよくわかります。

うちは夫がきれい好きな人なので、おもらしが見つかったりすると「チッ」と舌打ちされてしまいますが、やはり私もオムツをさせたりケージにいれるのは忍びないです。

他のネコより痛い思い、不自由な思いをしてる分これ以上はストレスをかけずにのんびり過ごしてほしいものです。

この写真の様にぐっすり寝ている姿を見ている時が一番しあわせです。

Re: No title

>>sanmachanさん

ネタロウ君元気ですか?

旦那さんの反応が一般的なものなのかもしれませんね。
それでも、一応の理解はいただいているのでしたら、仕方ありませんね。

ノーストレスの猫社会をせめて家庭の中で、、、と私達も考えております。

No title

お礼が遅れました。
ありがとうございました。
★今日はやっと、先ほど保護ネコの譲渡(トライアル)にご夫婦へニャンコを預けて来ました。
子猫の時には縁がなくて、売れ残りかな・・・と、諦めた子ですが、
2663大きくなっても大人しくて、希望者がいたのです。
「諦めない」とても大切ですね。

排泄のお話しをありがとうございました。
交通事故の猫を保護している方がいます。
助けて良い事をしたのに今は排泄で負担しかありません。
なんで助けても報われないかな・・・悔しいですね

Re: No title

>>Sabimamaさん

少なくとも、助けられた猫は幸せなはずです。
きっと、報われるのだと思いたい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。